ガラス表札 黒岩様 / ローマ字/モチーフ・山車

製作詳細

材質 ガラス
サイズ 210mm×210mm× t19mm
浮き文字の高さ 苗字(黒岩)4mm / ローマ字(KUROIWA)裏面からの溝加工2mm / モチーフ
取り付け穴 4ケ所
見え方 苗字(黒岩 )透明 / 苗字周り 一筋加工 / モチーフ(山車)溝加工
フォント 隷書体

 

一瞬で「あっ、これだ」とひらめいた浮き文字表札

製作の流れ

 

「青森県引前市のねぷたまつりの山車をモチーフにした表札を作りたい」とのご要望に合わせて11枚のデザイン画をご提案させていただきました。

 

 

5番のデザインを選んで下さいました。

 

 

パソコンに画像を取り込んでシュミレーションをした後、マシニングセンターという工作機械を使って加工をします。

 

 

 

輪郭、ローマ字は裏面より加工。

加工し終えたばかりの表札は切削水が白く膜のように一面を覆っています。

 

 

時間がたつと切削水の膜が消えていきます。

 

 

工作機械から外し、表面に戻して名前の周りを削ってきます。(研削加工と言います)

 

加工完了

 

 

 

造形的で迫力のある浮き文字ができました。

 

深く彫りさげた事でローマ字もしっかりと浮かび上がりました。

 

加工されたデザインがガラスに映し出され、いっそう立体感が得られます。

表札造りと同時進行で始められたお家に掲げて頂きました。

 

 
♥お客様からのうれしいお声はこちらから
黒岩様が「ねぷたまつり」をモチーフにされた表札づくりへの思いも書き綴られています。