デザイン画3D立体加工

成形技術とともに表面加工で高品質に仕上げました

 

ガラスのサイズ 高さ70mm×幅55mm
ガラスの厚み 45mm
加工 クリア/スリ状

お客様が作成されたデザイン画(紙)を、3Dに起こし、石英ガラスの立体加工にいたしました。凹みに関しては、穴の大きさ、深さを指定していただき、ご希望の印象になるよういたしました。角がないよう丸みをつけること、表面もふんわりアーチ状加工にしています。

石英ガラスを炉に入れファイアポリッシュでクリア(透明)と、研削加工したままのスリ状(白色)の2種類を製作しました。どちらも奥行き45mmの厚みのあるオブジェで、どっしりした存在感を放ちます。

このドクロは石英ガラス(水晶)の固まりを少しずつ研削し3日かけてカタチにしました。
10mmの止まり孔(貫通していないあな)の目は、研削加工でしか実現できません。

研削加工は型に流して製作するものとは違い、簡単にできる加工ではありません。その分出来上がりは精密でとても美しく趣があります。また水晶は型流し加工はできません。石英ガラスは水晶と同じです

背景をブルーに変えると濁りのない透明感がいっそう際立ち涼感もえられます。

背景を替えて、楽しんでみてはいかがでしょう。