石英ガラス表札 山本様 /ローマ字/一筋加工/透明加工

製作詳細

材質 石英ガラス
サイズ W248mm ×H88mm ×t17mm
浮き文字の高さ 4mm
ローマ字 裏面からの掘り下げ4mm
取り付け穴 2ケ所
見え方 苗字(上面、側面)・ローマ字部分 透明 / ローマ字 スリ状  / 苗字周り一筋加工
フォント オリジナル(お客様提供)

 

縁起を担ぎつつ住宅のデザインにあった表札を探し、たどり着いた表札

製作の流れ

加工のご依頼を承ったあと、メール・FAX・電話等で十分にご要望を確認させていただきながらデザインを決めていきます。

 

 

決定したデザインをパソコン上で画像化し詳細の確認をして頂きます。

 

 

加工工程

表札本体サイズと取り付け穴加工

 

名前部分の加工

 

 

それを高熱の炉の中に入れ焼きを入れて透明に戻します。
一日たった表札ですが、まだ熱が残っているので表面が曇っています。

 

 

透明に戻した石英ガラスに一筋加工とローマ字を裏面より加工。

 

 

石英ガラスのもつ濁りの無い透明感は、取り付け孔(あな)までも綺麗にくっきりと写し出しデザインの一部となります。

 

 

ローマ字部分は名前面よりも一段高いデザインになっております。

 

 

加工した名前部分が面に鮮明に映しだされ、見る角度によって色んな趣きをかもし出します。
石英ガラスだけがもつ濁りのない透明感で実現!

 

 

こだわりの取り付けネジを自社加工

 

左側のネジは、最初にご提案させて頂いたネジ。右側は改良を加えたネジ。
上部からライティングをされるとの事でしたので、表札の表面にネジの影が極力写らないよう先細りの形状に変更をさせて頂きました。

 

 

実際に取り付けた様子

 

 

♥山本様のご厚意で頂きましたお声は、こちらから